2014年10月01日

エネルギーたっぷりのゼロ磁場「分杭峠」の水で作った国産フラワーエッセンス

日本3大パワーポットの一つとして有名な長野県の「分杭峠」(ぶんぐいとうげ)は、ゼロ磁場といって
エネルギー(氣)が満ち溢れている場所。
地球の断層部分にある地球内部の未知エネルギーの出入り口です。

ゼロ磁場は、
日本最大の断層である中央構造線の真上に位置します。
昔から、聖地として選んできた場所なので
神社が建てられていますね。
いわゆるパワースポットですぴかぴか(新しい)
中央構造線.jpg

その中の
長野県の南アルプスの麓にある分杭峠の水を使って
作られている国産のフラワーエッセンスが
「ラブリーライフフラワーエッセンス」です。
分杭峠の水は、気場の波動水で分杭峠の濃密な「氣」が浸透していると言われています。

水に転写された氣が感じられるラブリーライフフラワーエッセンス
ラブリーライフ フラワーエッセンス.jpg

分杭峠は、
長野県伊那市の伊那山脈の峠の一つで、標高1424mの地点にあります。
パワースポットの観光地として、かなり混雑しているよう。
一度は訪れてみたい場所です。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...