2013年09月19日

季節の変わり目の体調不良 気圧の変化と自律神経の関係とは?

季節の変わり目は体調を崩しやすいですね。
特に春と秋は気象病に気をつけましょう。
これは気圧の変化によるものが大きいそうです。

晴れの日晴れは身体が軽く、元気に、そして心も軽やか。

晴れの日は、高気圧で空気中にたくさんの酸素があります。
高気圧の日は、交感神経優位の状態になりやすいため
身体が活発に動く状態になります。

反対に、天気の悪い曇りや雨の日曇り雨はなんだかやる気が起きず、だるくなります。

雨の日は、低気圧で空気中の酸素は少なくなり、血管が拡張します。
そして副交感神経優位になりやすくなります。
つまりあまり活発的な状態ではありません。


気圧の影響を受けやすい人は、睡眠、食事、運動を心掛けましょう。
規則正しい生活で自律神経のケアをすることが大切です。

体調管理には
ハーブがカプセルに入ったサプリメント「ハーバルサプリメント」がおすすめです。
ハーバルサプリメント PBT

ハーバルサプリメント PBT
ハーバルサプリメント PBT
季節の変わり目の健康管理に1日3〜6粒を目安に飲むサプリメントです。


ハーブティーが苦手な方や長続きしない方にもハーブでケアできますよ。ハーブ



ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

おすすめ↓↓↓
代替医療・スピリチュアル
カウンセリング・ヒーリングなどの情報が
探せる 癒し系総合ポータルサイト
*こころつむぎ*
posted by Tamami at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自律神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

自律神経の乱れで寒暖差アレルギーに!

夏休みに入って、毎日の天気が変わりやすく気温もさまざま。
寒暖の差が激しくて、体調を崩しやすいですね。

花粉症でも鼻炎でもないのに、咳の痛みや鼻水の症状が出て
夏風邪と思いがちですが寒暖差アレルギーになりやすい天気です。

温度差は
温度にあわせて身体を調節している自律神経が乱れやすいので注意が必要です。
自律神経が対応できる温度差は、7℃だといいます。
それ以上の温度差になると身体は、自分では上手に適応できなくなってしまうのです。

温度に合わせて身体を調節している自律神経の乱れが原因で
寒暖差アレルギーになりやすいため、極端な温度変化を身体に与えないことが大切です。

1カーディガンなどを用意してこまめに温度調節をしましょう。

2汗をかいた後は、汗をきちんと拭いたり、すぐに着替えて体温をうばわれないようにしましょう。

3自律神経を調節するために夏でもお風呂に入りましょう。

4にんにくやしょうがやハーブなどを使った食事で血行を良くしましょう。

5バッチフラワーレメディのオリーブで体調をコントロールできるよう自分の持つエネルギーを効率よく使うことができるようにフォローしましょう。
オリーブ(元気・活力)


特に女性は寒暖差アレルギーになりやすいそうなので気をつけましょう。




ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

おすすめ↓↓↓
代替医療・スピリチュアル
カウンセリング・ヒーリングなどの情報が
探せる 癒し系総合ポータルサイト
*こころつむぎ*
posted by Tamami at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自律神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

交感神経と副交感神経について詳しく知ろう!!

自律神経が乱れている」
女性に多い「自律神経失調症」
など、よく聞きますが
実は、自律神経失調症はまだよくわかっていない部分が多く
診断がむずかしい病気なんだそうです。

ちょっとわかりにくい自律神経交感神経副交感神経
理解して心と身体のケアに役立てましょうわーい(嬉しい顔)


<交感神経と副交感神経>

自律神経
昼間に働く交感神経
夜に働く副交感神経の2種類があります。

その2つが昼と夜で自律神経のスイッチがきちんと切り替わることで
心身の健康が保てます。
つまりシーソーのように対照的な働きをもっていて
どちらかが優位になると一方の神経は下がります。2つの神経が同時に働いているわけです。


ここで問題なのは
この自律神経は、自分の意思や意識では動かせないということひらめき

内臓や血管、汗などは、この自律神経によって支配されています。
心臓の動き、血圧、食べ物の消化、体温の調節など、
生命を維持するうえで重要な身体の機能をコントロールしているのが、自律神経なのです。

ですから生活の乱れが自律神経を乱し
心身の不調があらわれるのです。

交感神経は、
日中アクティブに働き、血圧・心拍数・血糖値を上げ、筋肉の緊張が高まり、ストレスに対応しやすい状態になります。
思考能力がフル回転して元気に活動できます。

副交感神経は、
夜の休息時間に優位になり活発になると、血圧が低下し呼吸が遅くなり、筋肉が緩み心身ともにリラックス状態になります。
また胃腸の働きが活発になり消化吸収が盛んになります。

・交感神経にスイッチが入りにくく、副交感神経優位になりやすい
・交感神経緊張になりやすい
など人それぞれ。

例えば、日中にアクティブになれない副交感神経優位になりがちな人には
バッチフラワーレメディのホーンビーム(決意)がおすすめです。
ホーンビーム(決意)
ホーンビーム(決意)を飲むと
モヤモヤした状態から頭がスッキリし、活力が甦ってきます。


ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

おすすめ↓↓↓
代替医療・スピリチュアル
カウンセリング・ヒーリングなどの情報が
探せる 癒し系総合ポータルサイト
*こころつむぎ*
posted by Tamami at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自律神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

梅雨は自律神経失調症に注意!!

自律神経に気を使ったほうがよい季節になってきました。
沖縄は梅雨入りしていますが
本州も6月になると梅雨入りですね。

雨が多く、気圧の変化が激しい6月の梅雨の時期は、
交感神経、副交感神経ともに下がりやすく
体調を崩したり、精神的にも疲れやすくなります。

雨が続いてぱっとしない気分になりますものね。

交感神経、副交感神経ともに高いことが理想ぴかぴか(新しい)
しかもこのふたつの神経系統が交互にバランス良く働く必があります。

それには、不規則な生活やストレスを放っておいてはいけません。
ストレスを受けるとまず交感神経が優位になり
ストレスが慢性的になると副交感神経が優位になり交感神経が低くなってしまいます。

昼間と夜の生活のメリハリをつけて
昼はアクティブに動き
夜はゆっくりリラックスするように心がけましょうひらめき

そして今のストレスの原因に合ったバッチフラワーレメディを飲んで
ストレスを今のうちに軽減しておきましょう。

夜、リラックスして眠るにはレスキューナイトですね。
スヤスヤと眠れるようになったと実感して頂けることが多いレメディです。
レスキューナイト


ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

おすすめ↓↓↓
代替医療・スピリチュアル
カウンセリング・ヒーリングなどの情報が
探せる 癒し系総合ポータルサイト
*こころつむぎ*
posted by Tamami at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自律神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

眠くてだるい春の対処法

睡眠・覚醒のリズムが季節によって異なるため
冬からに季節が変わると
睡眠ホルモン(メラトニン)が分泌量のピークが早い時間帯に移動し
睡眠に大きな影響を与える体温も最も低くなる時刻が早まります。
自律神経では、暖かくなると副交感神経が優位になってきます。

このように
体の中のいろいろなリズムが変わってくる
新しい状態に慣れるまで体と心の不調を生じることがあります。

<眠くてだるい春の対処法>

・太陽の光晴れを浴びる

・朝ごはんを食べる

・ ラブリーライフフラワーエッセンスのパワー(POWER)で元気にやる気になりましょう。
ラブリーライフ power


プリスティンピューリフィケーションコンビネーションエリクシールでエネルギーを強化し抵抗力をつけましょう。
プリスティンピューリフィケーションコンビネーションエリクシール



ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

おすすめ↓↓↓
代替医療・スピリチュアル
カウンセリング・ヒーリングなどの情報が
探せる 癒し系総合ポータルサイト
*こころつむぎ*
posted by Tamami at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 自律神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...