2013年11月30日

ホメオパシーとは?今年のハンドクリームは、ホメオパシッククリームで!

ホメオパシーとは
今ある症状に気づきを与え、自らの治癒を促す療法です。

症状が長引くのは、心と身体が今ある状況を認識していないからだといいます。
ホメオパシーでは、症状を抑圧するのではなく、症状を出し切れるように後押しします。
そうして初めて心身ともに健康になると考えます。
私達の心や細胞が抱える不自然なパターンを解放し、
体の芯から健康を取り戻す自然療法、それがホメオパシーです。

そのホメオパシーの手法により
ハーブとミネラルの力を取り出した自然素材のクリーム
ネルソン社のホメオパシッククリーム
さまざまな皮膚の症状別に選べて、冬の肌を助けてくれます。
ホメオパシッククリーム
毎年、いわゆるハンドクリームを使っている方、今年は
ホメオパシッククリーム
あなたの肌に合わせて使ってみませんか?



ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

おすすめ↓↓↓
代替医療・スピリチュアル
カウンセリング・ヒーリングなどの情報が
探せる 癒し系総合ポータルサイト
*こころつむぎ*


posted by Tamami at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホメオパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

筋肉痛や関節痛にホメオパシッククリーム アルニカ

ホメオパシーとは、200年以上前にドイツ人の医師が提案した思想をもとにした理論。
「極度に稀釈した成分を投与することによって体の自然治癒力を引き出す」のがホメオパシーです。
このホメオパシー×ハーブのコラボがホメオパシッククリームです。


我が家の子供たちは夜遅くまでスポーツをしているので
筋肉痛になることがたびたびあります。

運動をした直後は筋肉に疲労物質が溜まり、緊張が残っている状態で
乳酸が筋肉にたくさん溜まると筋肉が収縮し続けて神経を圧迫しそして筋肉痛となります。

筋肉のけいれんやこむらがえりを予防して
疲労回復のために運動後のケアが必要ひらめき

まずはお風呂いい気分(温泉)で湯船にしっかりと入って
その後にマッサージをします。

冬はアロマのオイルマッサージ
でもオイルはべとつくから・・・というときには
ホメオパシッククリーム アルニカのクリームをすりこみながらか軽くマッサージします。
アルニカ

アルニカエキスは
消炎・血行促進・内出血の緩和などの働きがあります。
打撲・ねんざ・リウマチ・痛風・関節炎・筋肉痛などに塗布して使用します。
*皮膚が腫れている場合は病院へ
アルニカは、世界のスポーツ選手がマッサージに愛用しています。
アルニカ


ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

おすすめ↓↓↓
代替医療・スピリチュアル
カウンセリング・ヒーリングなどの情報が
探せる 癒し系総合ポータルサイト
*こころつむぎ*
posted by Tamami at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ホメオパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

ホメオパシーとフラワーエッセンス

フラワーエッセンスは「飲むアロマ」と言われるので
アロマと混同されることが多いですが
ホメオパシーとも混同されることが多いですね。

ホメオパシーとフラワーエッセンスは違います。

ホメオパシーとは
今出ている症状と同じ症状を起こ同じ刺激を与えることで
自然治癒力が活性化し
症状が改善されるという仕組みです。

フラワーエッセンスではそのような仕組みは使いません。

フラワーエッセンスの生みの親であるバッチフラワーレメディのバッチ博士が
ホメオパシーの考えがとても似ていることから
ホメオパシーの病院病院にも勤めて研究し
その経験からフラワーレメディを作りました。

バッチ博士

ホメオパシーは砂糖玉でレメディーと呼ばれているので
バッチフラワーレメディのレメディと混同されてしまいますが
バッチ博士の研究を考えると
レメディと名付けたのも納得ですexclamation×2

海外ではホメオパシーもフラワーエッセンスも
もっと身近なもの。

日本でももっともっとフラワーエッセンスが身近なものになってほしいな黒ハート

フラワーエッセンス



ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

おすすめ↓↓↓
代替医療・スピリチュアル
カウンセリング・ヒーリングなどの情報が
探せる 癒し系総合ポータルサイト
*こころつむぎ*


posted by Tamami at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ホメオパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

ホメオパシー&ハーブのクリーム アルニカ

『ホメオパシー』とは、ヨーロッパで200年以上の伝統ある、自然療法です。
水を使って段階的に希釈、浸盪して物質や植物のエネルギーを取り出しています。

心や細胞が抱える不自然なパターンを解放し、体の芯から健康を取り戻す自然療法の『ホメオパシー』と
ハーブを配合したクリームは
いろいろなトラブル肌のケアに使われる伝統的な定番クリームです。
アルニカ

今回はハーブの中でも「アルニカ」のハーブを配合した
ホメオパシッククリーム アルニカをご紹介します。

<アルニカ>
アルニカ
スイスやドイツ北部、北米アンデスの山脈で育つ黄色い花が特徴的な植物。
40〜60センチメートルの高さに成長する植物で
カレンデュラなどと同じキク科に属しています。多年草。

・打撲・ねんざ・筋肉痛
・肌の状態と整える
・保湿、刺激緩和
・ニキビ・吹き出物

アルニカハーブが配合されたクリームは
我が家ではスポーツをしている長女が
足・肩・腰などをマッサージにしながら塗ったり
捻挫の部分に1日2〜3回塗ったりと
簡単に自分でケアできる万能クリームとして常備しています。

またニキビとまではいきませんが、思春期のおでこのブツブツに
クレイの洗顔をした後、
ホメオパシッククリーム アルニカを薄く塗ってから寝ています。
アルニカは収れん作用や肌を整えてくれるので
翌朝には肌が落ち着いています。

*キク科のアレルギーの方は使用しないように。
*開いている傷口には塗らないように。


ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

おすすめ↓↓↓
代替医療・スピリチュアル
カウンセリング・ヒーリングなどの情報が
探せる 癒し系総合ポータルサイト
*こころつむぎ*


posted by Tamami at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ホメオパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...